サプリで実現化する美肌|一般的には一日1000mgが理想的

薬

辛い痛みから逃れる方法

朝起きたら突然手足の関節がこわばる、ただ痛みが続くだけではなく疲れやすかったり微熱が続いたり、不安になりますよね。リウマチは血液検査によって判明することの多い膠原病(こうげんびょう)の一種です。膠原病は現在、原因不明の難病に指定されていますので、リウマチに関してもその治療は非常に困難なものとなっています。原因不明の病ですのでハッキリした原因はわからないのですが、元々リウマチになりやすい体質に加えて激しい疲労、ストレス、ウィルス感染などによって、自己免疫が正常に働かなくなってしまうことから発症します。一般的に病院での治療に用いる薬はステロイド剤、抗炎症薬の関節注射などです。リウマチは完治ということがありませんので、主に寛解(かんかい)という言葉が使われます。これは痛みやこわばりがほぼなくなった状態です。

リウマチになって病院での治療を開始すると、ステロイドなどの重い副作用の出やすい薬を使わないとなりません。それで一時は痛みが楽になることもあるでしょう、しかし、長年使用していればやはり重篤な副作用で悩まされることとなってしまいます。そんなのは嫌ですよね。では、薬による治療に頼らないで市販のサプリメントで効き目の高いものはあるのでしょうか。良く言われているのがコンドロイチンやグルコサミンなどの軟骨や関節を丈夫にしてくれるサプリメントですよね。この二大成分は米リウマチ協会で認可も受けているんです。特にコンドロイチンは骨の損傷や変形を防ぐ効果もあります。しかしサプリメントによる痛みの軽減は根本的なリウマチ治療を促すものではありませんので、近年は副作用が少なくリウマチそのものが改善できる代替医療が研究されています。